ホーム > サービス一覧 > 調剤事業

調剤事業

患者様に選ばれる地域に密着した「かかりつけ薬局」へ

レデイ薬局が目指しているのは、地域における「かかりつけ薬局」として、地域の皆様の健康維持・病気治療に貢献する調剤薬局です。医療機関の処方箋に基づく調剤はもちろんのこと、服薬指導を通じて患者様とのコミュニケーションを深め、薬剤効果の確認、健康管理の相談なども実施しています。

さらに地域医療の担い手としての役割を果たすため、セルフメディケーション意識の高まりに対してOTC薬(市販薬)の扱いを開始し、自宅療養を余儀なくされている患者様に対しては、医療機関と連携しながら訪問指導も行っています。

お薬はもちろん、健康に関する情報提供やアドバイス

お薬はもちろん、健康に関する情報提供やアドバイス

病院、クリニック、診療所を受診し、医師から「処方せん」を発行された時、当社調剤薬局にその処方せんをお持ちいただければ、薬剤師がその処方せん内容を確認し、調剤し、服薬指導をしてお薬をお渡しします。
重複している薬や相互作用、副作用の可能性がないかチェックを行い、必要な場合は医師に連絡し確認します。
当社はかかりつけ薬局として、薬歴簿を管理し、患者様の体質や調剤する薬のことはもちろん、市販薬(OTC薬)や健康食品などについても相談を受け、情報提供やアドバイスをしています。

オリジナルのお薬手帳の活用

オリジナルのお薬手帳の活用

当社オリジナルのお薬手帳を作成し、処方されたお薬の名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)だけでなく、検査値や服用状況なども記録できるようにしています。この手帳がありますと、他の病院や医院などでお薬をもらうときにも、医師・歯科医師や薬剤師にお薬手帳を見せることで、同じお薬が重なっていないか、また飲み合わせ等についての確認も行ってもらえますので安心です。
診察券やかかりつけ薬局カードを一緒に入れられるよう、袋付の透明カバーをしています。
患者様皆様にお持ち頂くよう、啓蒙し実施しています。

レデイ薬局の店舗展開

住まいや職場など、生活に身近な場所に薬局を増やすことや、店舗形態の多様化を図ることで、「かかりつけ薬局」の実現を目指しています。

  • 調剤薬局(単独型)

    調剤薬局(単独型)
    処方箋応需を主とする一般的な調剤薬局です。医薬分業を担う医療提供施設の一部としての顔とともに、若干のOTC、衛生用品も取り扱い、立ち寄りやすい薬局づくりをしています。

  • 調剤薬局(ドラッグストア調剤併設型)

    調剤薬局
    (ドラッグストア調剤併設型)

    医薬分業が進み、医師に処方された処方箋をドラッグストアに持ってきて。買い物をする間に調剤をしてもらう方が増えています。待ち時間をうまく使い、お客様の快適な生活、便利な暮らしをサポートします。

  • 調剤薬局(ドライブスルー型)

    調剤薬局(ドライブスルー型)
    天気の悪い日や、お子様の体調が悪いときにドライブスルー用の受付で処方箋を渡していただき、呼び出し用の別を受け取り(初回受付以降)、調剤が完了するまで駐車スペースで待つというシステムです。車から降りずに薬を受け取ることができるため、二次感染を防ぎます。

在宅医療支援

在宅医療支援

平成24年2月、愛媛県松山市内のレデイ薬局拓川店は、在宅医療をサポートするモデル店舗としてリニューアルし、医療機関と連携して、寝たきりの方、病院への通院が困難な患者様宅や、介護施設入居者へ薬を届けるサービスを開始しました。

訪問時には、薬剤師が服薬指導のほか、服用の状況、体調の変化などもチェックし、医師へフィードバックします。拓川地区を中心に松山市内を対象エリアとし、2週間に1度を基本に訪問サービスを実施。365日24時間の体制で緊急時の対応にも備えています。

また、レデイ薬局の調剤薬局としては初めて無菌室を設置し、点滴に使用する輸液製剤の取り扱いも可能にしました

このページのトップへ