ホーム > 採用情報 > 【総合職】先輩の声 > 石田 弦也

【総合職】先輩の声

 

人とのつながりを大事に。お客様の溢れるドラッグストアを目指しています。石田 弦也 くすりのレデイ豊浜店店長(平成18年入社)

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

石田 弦也 くすりのレデイ豊浜店店長(平成18年入社)

私が店長になってすぐのエピソードです。店長になってすぐ、お客様からある商品をたくさん用意して欲しいとお願いがありました。卸先にもなく仕方なく全店に「あれば分けてください」とメールを送りました。正直期待せず待っていたのですが以外にもすぐにたくさんの返信がありました。以前一緒に働いていた上司であり部下や同僚からの返信でした。そこには「大変だけど頑張って」という言葉が添えられていました。その言葉を見て、自分1人で働いているのではないと痛感し、この仕事をやっていて良かったと感じました。
このように経験を積み、顔を広げていくことで頼れる仲間がどんどん増えていき、大きな力となっていき、自分自身も成長し、逆に助ける機会も出てきます。こういった人とのつながりもこの仕事の楽しみの一つだと考えます。最後に依頼を受けたお客様にも大変喜んでいただき、今回の経験は私にとっての大きな糧となりました。

これが私の仕事です・・・店長

店長の仕事は多岐にわたっています。大きく分けると「店の運営」と「目標の達成」が重要な仕事となります。「店の運営」はお客様の溢れるドラッグストアを自分自身でイメージしながら店舗のスタッフたちと一緒に店を作っていきます。自分たちの店であることを意識していれば自然と接客も楽しく、熱意が入ります。時にはつらい事もありますが、それをみんなで乗り越えていけばチームワークも高まっていきます。「目標の達成」は会社から与えられた目標を達成させる為のプロセスを考察し、店舗スタッフ一丸となって取り組んでいきます。重荷となるかやりがいとなるかは自分次第です。みんなの協力で成果が出た時は、この仕事をやっていて良かったと改めて感じることが出来ます。

レデイ薬局を選んだ理由

私は大学時代、小売業でアルバイトをやっていました。その時に「売場を作る」ということに少なからず興味を抱いていました。自分の作った売場から商品がどんどん売れていくということにアルバイトながらやりがいを感じていました。こういった仕事を突き詰めていきたいという先に、よく利用していた当社が思いあたりました。人と話すことが好きだったので経営理念も自分に合っていると感じたので熱意だけをもって受けに行きました。

先輩からの就職活動アドバイス

就職難という事もあり、たくさんの企業を受けていることと思います。面接や論文に関しても内容が散漫になってしまうこともあるかと思います。会社側としては自社に入りたい理由を知りたいわけなので、まずは働く場である店を訪れ、自分のスキルがどう生かせるかをイメージしてみてはいかがでしょうか。そこで感じたことを自分の中で加工すれば、説得力のあるアピールもできてくるはずです。最後に会社のビジョンや経営理念の意味は知っておくべきです。仮に入社できたとしてもそこが同調できなければつらい思いをするのは自分自身だからです。実際、入社しないとわからないことも多々あるかと思います、その時はお気軽にお声掛けください。

このページのトップへ