ホーム > 採用情報 > 【総合職】先輩の声 > 宮崎 紗衣

【総合職】先輩の声

 

私の笑顔で、お客様を元気にしたい!短時間でも丁寧な接客を心がけています。宮崎 紗衣 くすりのレデイ味酒店店舗スタッフ(平成23年入社)

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

宮崎 紗衣 くすりのレデイ味酒店店舗スタッフ(平成23年入社)

いつも「宮崎さん居る?」と尋ねてきて下さる年配の男性のお客様がいます。その方は長時間話をするのではなく、ちょっと私の顔を見て「じゃあまた」と言って帰ってしまいます。詳しく接客をしたわけでもないのにと私は不思議に思っていました。先日、少し話す機会があったのですが、その会話の中で「あんたの笑顔を見るために来よるんよ。今日はあんたのためにいいもの持ってきたから」と手作りのストラップをいただきました。
私の笑顔を見るためだけに来店してくださるお客様が居るということ、想いの詰まったプレゼントをいただいたこと、非常に嬉しく思いました。新入社員として出来ることはまだ少なく、思うように接客もできない私が入社してからずっと心掛けていることがあります。それは、"お客様を元気にしたい"ということです。私の笑顔で元気になってくれているお客様が一人でも居るということに気づくことができ、これからもそのお客様を大切にしたいと感じました。

これが私の仕事です・・・ドラッグストア勤務

今私が行っている業務は、接客、商品の発注、売場作成、売場の管理などです。
いろいろな業務を行っていますが、一番私が大切しているのは接客です。接客といっても化粧品や医薬品などの具体的にじっくり時間をかけて行う接客から商品の場所を聞かれて案内する短時間の接客もあります。私が特に大切にしているのは後者の短時間の接客です。一日の業務の中では後者の接客の方が回数としては圧倒的に多くなります。ちょっとだからと言ってぶっきらぼうな接客をしてしまってはそのお客様方に不快な思いをさせてしまいます。
私は、商品の場所が分らなくて偶然そこに居た従業員に聞いただけ、というお客様に「あの店員さん親切だったね」と思って頂ける接客を行うことのできる従業員でいたいと思っています。

レデイ薬局を選んだ理由

お客様の声がダイレクトに伝わる場所で働きたいという想いを持ち就職活動に望みました。その中で、化粧品や医薬品と幅広い知識を習得でき、その知識を用いてお客様に商品を提案できるという点に魅力を感じドラッグストアに業種を絞りました。そして、その中でレデイ薬局を選んだ理由は、お客様との近さです。レデイ薬局は昔から身近な存在として自分の中にあったということ、そして、企業研究を進めていく中で会社がお客様をどれだけ大切に考えているのかということを理解できたということが私がレデイ薬局に入社を決めた理由です。

先輩からの就職活動アドバイス

就職活動の時期が短くなり、自分が就職できるのかと不安に思っていることと思います。
入社したい会社を決めている人は、その会社のことを隅から隅まで知って、好きになることが重要だと思います。その"好きだー"という気持ちをぶつけることができればきっとその会社はあなたを好きになってくれるはずです。
まだ自分の就きたい仕事や方向が見えていない人は、とにかく説明会に行き、自分の目で見て話を聞いて感じていけばいいのではないかと思います。実際に見て聞いて感じたことは絶対に無駄ではなく、その経験の中で自分のしたいことがみえてくると思います。
具体的なアドバイスをするならば、合同説明会や単独説明会で自分の顔を覚えてもらってください。私は説明会の時に説明している人に向かって「私を見て」と視線で訴え、うなずきをオーバーなくらいしていました。
自分をアピールする場は面接や試験だけではありません。ちょっとしたことから自分をアピールしていってください。頑張ってください!

このページのトップへ