ホーム > 採用情報 > 【総合職】先輩の声 > 藤澤 信之

【総合職】先輩の声

お客様満足を獲得できる売場作りやスタッフの教育、これがブロック長としての一番の仕事です。藤澤 信之 店舗運営本部ブロック長 (平成13年入社)

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

藤澤 信之 店舗運営本部ブロック長 (平成13年入社)

私が店長時代のエピソードです。
親しくしていただいていた70代男性のお客様がいらっしゃいました。しかし、人事異動となり少し離れた店舗へ転勤となりました。そのお客様にご連絡することなく異動してしまい、次の店舗で働いて1ヵ月経った時のことです。店舗で作業をしているとスタッフから「店長、男性のお客様からお電話です」と連絡が入りました。異動してきたばかりの私にお客様から電話・・・もしや、クレームでは・・・そう思って電話に出ると、男性の声で「藤澤さん、前の店舗でお世話になった者だけど覚えている?」との声です。親しくしていた男性のお客様でした。お身体のことで相談をされ、お勧めしたお薬の説明をしようとすると、お客様は「あんたが勧めてくれる商品なら間違いない、あんたの店で買うから用意しておいてちょうだい」と言って、私を信用して商品を購入していただいたのです。人と人との繋がりで成り立っているこの仕事が本当に好きだと感じた体験でした。

これが私の仕事です・・・ブロック長

ブロック長の業務とは、売場管理、店舗管理、人の管理、営業数値管理、本部指示の徹底など・・・たくさんの仕事があります。
地域のお客様がレデイ薬局を支持していただけるように、お客様の立場で物事を考え、店舗へアドバイスをしたり、本部の指示が徹底できているかを日々、確認していきます。会社の経営はお客様ありきです。お客様の動向をきちんとみて、お客様満足を獲得できる売場作りやスタッフの教育をしていくことが私の一番の仕事だと思います。
また、エリアの店舗へ入店し、スタッフの声、お客様の声を聴き取り、本部と店舗の考えをすり合わせて地域のお客様のためのサービスを提供していくことも重要だと考えています。レデイ薬局の取り扱う商品やサービスで「喜びと感動と安心」をお客様に提供すること・・・それが、私の仕事です。

レデイ薬局を選んだ理由

私は基本的に人と接することや人を喜ばせることが好きな性格です。人と接して、そして喜んでいただける職業とは?と考えて思いついたのが、私が就職活動をしていた時に、成長企業であった「ドラッグストア」でした。
そのなかでも、「治す」を理念に置き、相談薬局を掲げていたレデイ薬局に興味を持ち、自分の目で確かめたいと思い、買い物に行ってみたのですが、その時の店員さんの接客が親切で丁寧。そして、私以外のお客様にも親身になって相談をしている従業員の姿を見て、この会社で働きたいと思い応募しました。

先輩からの就職活動アドバイス

最近は情報化社会ですので、様々な情報が溢れています。
情報ばかりを追いかけるのではなく、入社したいと思う会社には足を運ぶ回数を増やすと効果的です。そうすることで、情報にない企業の本質が見えてきます。
また、就職活動中は不安で焦り気味になり、会社に自分のことをアピールすることばかり気にしている人が多くなりがちですので、客観的に自分自身の特徴を分析し、この企業に就職したら自分がしたいことは何か・・を確認することが大切だと思います。
そして、会社のビジョン(方針)は自分の考えと共感でき、本当にこの会社で働きたいと思ったら、熱意をもってアタックしていくべきです!

このページのトップへ