ホーム > 採用情報 > 【薬剤師】先輩の声 > 北村 ちさや

先輩の声

生活のアドバイスもできる薬剤師を目指して北村 ちさや 調剤薬局勤務 (平成24年入社)

これが私の仕事です

平成24年入社 北村 ちさや(調剤薬局勤務)

私が店舗で行っている主な仕事は、患者様からお預かりした処方せんをもとに行う調剤業務です。まずは処方せんの内容に不備がないか確認し、ピッキングします。ピッキングする際は記載された薬剤名や規格をきちんと確認し、取り間違えがないよう注意が必要です。取り揃えたお薬が処方せん通り集められているか監査を行い、間違いがないことを確認した後患者様にお渡しします。この時、患者様とのお話の中で現在の体調や検査値なども確認します。そのほかの業務としては、第一類医薬品の販売も行っています。現在勤務している店舗がドラッグストアとの併設店のため、買い物のついでに第一類医薬品を購入されるというお客様も多いです。また、第二・三類医薬品についても相談を受けることがありますので、その都度対応しています。

レデイ薬局を選んだ理由

医療用医薬品だけでなくOTCやサプリメントにも興味があったので、ドラッグストアと調剤のどちらも経験できる薬局を探していました。その中で当社のことを知り、中国・四国を中心に店舗展開していることも分かりました。地元のある四国で就職したいと考えていたため、より魅力を感じました。その後の会社説明会や店舗見学を通して、社員の方が楽しんで仕事に取り組んでいる様子や、地域の方との関わり大切にしているのを感じたためこの会社で働きたいと思いました。

仕事上で心に残っているエピソード

心に残っているエピソードとしては、患者様から「この人からお薬をもらってよかった」と感じてもらえたことです。門前のクリニックや基幹病院などさまざまな処方せんを受けることで以前よりも薬や疾患の知識は身についてきましたがまだまだ不十分な点も多いです。そのため、少しでも安心してもらえるよう患者様とお話する際は傾聴をおこない、ほっとできるような雰囲気作りを心がけています。そんな中、今回のお話を聞いたので、自分の行いを評価していただけたようですごく嬉しかったです。一人でも多くの方に安心を提供できるようこれからも努力していきます。

将来の夢

調剤業務だけでなく、OTCにも目を向けて、栄養面やサプリメントなど生活のアドバイスもできる薬剤師を目指しています。まずは薬や病気の知識を深めるため、薬剤師向けの勉強会や学会に参加しています。処方解析も行うことで、知識の整頓ができ新たに学んだ内容がその後の服薬指導に役立つこともありました。OTCに関しては、薬剤師が管理する第一類医薬品から学んでおり、関連資料も集めることでお客様からの疑問にも対応できるようにしています。また、第二類・第三類医薬品については、類似商品も多いため、関わった商品から少しずつ学んでいます。業務の都合上難しい部分もありますが、社内で行われている登録販売者向けの勉強会にも可能な限り参加していこうと考えております。

先輩からの就職活動アドバイス

病院と薬局での実習を終えて、自分が働きたい職種が明確になった方がいれば、まだ悩んでいるという方もたくさんいらっしゃるかと思います。私自身もすごく悩みました。まずは薬剤師として将来自分がどうなりたいのかを考えてみてください。そして、その理想像に近づける環境のある会社なのかを自分の目で確かめてみてください。店舗見学等現場で働く方とお話できる機会があれば積極的に参加するのをお勧めします。その中で、自分を信じて、働きたいと思う会社を見つけてください。

このページのトップへ