ホーム > 採用情報 > 【薬剤師】先輩の声 > 阿部 誠

先輩の声

信頼できる薬剤師の育成を目指して阿部 誠 教育指導課長 (平成18年入社)

これが私の仕事です

平成18年入社 阿部 誠(教育指導課長)

私は現在、教育指導課で現場の薬剤師のスキル向上をサポートしています。主な仕事としては、調剤スキルやコミュニケーションスキルなど、店舗での業務の質的な向上を目的とした指導と、現場で必要な知識を身に着けてもらうための研修内容の立案と実践です。これらは他部署と協働して行っています。

レデイ薬局を選んだ理由

病院薬剤師などの経験を経て、当社に入社しました。病院で働くうちに、薬局で薬剤師として働く方が、自分に合っているのではないかと考えるようになり、地元で親しみのあったレデイ薬局に入社しました。実際働いてみて、患者様としっかりコミュニケーションが取れること、病気が治った患者様が顔を見せに来て下さることに大変やりがいを感じました。また、営業内容・労務管理がしっかりしていて、福利厚生が充実している点も魅力的だと感じています。

仕事上で心に残っているエピソード

私はスポーツファーマシストの資格を持っています。ある時、接骨院の先生から患者様のドーピングについての問い合わせがあり、自分のできる限りの対応をさせて頂きました。その先生の元に、当社の社員が患者として訪れた時、私について「きちんと対応してくれてありがたかった」と言われたそうです。その時、薬剤師としてできることをきちんとやっていることが、しっかりと人の役に立つのだと気付く機会になりました。

将来の夢

現在、当社では薬剤師の入社が増えており、新入社員の薬剤師のレベルアップが急務になっています。同時に既存の薬剤師のレベルアップも必要で、当社の薬剤師1名1名が患者様、お客様から信頼を寄せられる薬剤師になってもらうため、またレデイ薬局が信頼される薬局に成長するために日々薬剤師のスキルアップを支援・指導しています。

先輩からの就職活動アドバイス

薬学生の皆さんは薬剤師の資格を取得するのが第一の目標だと思いますが、自分は薬剤師の免許を持った日が本当のスタートだと思います。薬剤師はお客様・患者様の前に立って、話をして初めて薬剤師としての職能が発揮されます。そのためには勉強の道に終わりはありませんので、その自覚と覚悟を持ってほしいと思います。国家試験も意識しながらの就職活動は大変だと思いますが、どのような働き方で自分を表現していくかをしっかり考えて就職先を選んでください。

このページのトップへ