ホーム > 採用情報 > 【薬剤師】先輩の声 > 福永 明菜

先輩の声

この仕事が大好きです。福永 明菜 調剤薬局勤務 (平成17年入社)

これが私の仕事です

平成17年入社 福永 明菜(調剤薬局勤務)

現在は調剤業務を主に行っております。患者様が病院から受けとった処方箋をもとに調剤するのですが、その間に処方箋の不備がないか、飲み合わせはどうか、アレルギーや副作用の有無、きちんと飲めているか、体調の変化はないかなど、様々な確認をします。ピッキング時も、規格や数量、剤形のチェックをし、間違いがないように他の薬剤師に必ず鑑査してもらいます。安心・安全にお薬を飲んでいただくために、患者様に合わせた服薬指導を行い、会話の中で不安や問題点を見つけだすこと、それに応えられるだけの幅広い知識を持つことが必要です。拓川店では、透析の方の処方や県病院からの処方が多く、在宅患者様もどんどん増えてきています。在宅では直接患者様のお宅や、施設に伺い、お薬の管理や、服薬指導を行っています。様々な処方や患者様との関わりがあり、毎日がとても充実しています。

レデイ薬局を選んだ理由

もともと人と接することが好きで、化粧品やサプリメントにも興味があったこともあり、ドラッグストアに入社しようと思っていました。その中でも「レデイ薬局」は「治す」をコンセプトに相談薬局を掲げていたこと、研修制度がしっかりしていて、入社後も勉強し続けられること、いずれは調剤もしてみたかったので、両方できる環境があることが魅力でした。また、小さいころからなじみがあり、地域密着なことで安心感もあったので、それも決め手になりました。

仕事上で心に残っているエピソード

OTC店舗で働いていたころのエピソードです。お客様に気持良く買い物して頂くため、相談しやすい雰囲気づくりの為に、いつも笑顔で接客するように心がけていました。女性のお客様で、美容のサプリメントに興味があるけどどれにしたらいいかしら、という方が相談に来られました。色々な種類がありますから、お肌悩みや、気になる症状を聞きながら、商品について紹介していきました。お客様も満足したようで、帰り際に「あなたに聞いてもらってよかったわ。ありがとう。」と、お言葉をいただきました。それからもよくお店に足を運んでくださり、お肌悩みも少しは良くなったかしら?と笑顔になっていました。しっかりとお話を聞いて、手助けをすると、お客様も笑顔になる、喜んでもらえる、この仕事が大好きです。とてもやりがいを感じた出来事でした。

将来の夢

OTC店舗、調剤、在宅と色々経験させて頂きました。医療の現場にいて感じたのは、生活習慣病の方がかなり多いということです。子育てをする中で、食事や栄養についてもよく考えるようになりました。これからの高齢化社会で、生活習慣病の予防はとても重要になってきます。最近では特定保健用食品、保健機能食品やサプリメントの種類がとても増えてきました。食品やサプリメントの分野で生活習慣病の予防や意識を高める手助けができるのではないかと考えています。私の将来の目標としてサプリメントアドバイザーやNR(栄養情報担当者)の資格を取りたいと考えています。勉強会に積極的に参加するなど、出来ることから始めたいと思っています。

先輩からの就職活動アドバイス

日々の勉強お疲れ様です。皆さんは将来どんな薬剤師になっていたいですか?まずは自分のやりたいこと、、どうありたいかをよく考えることが大切だと思います。そのために、しっかりと正しい情報を収集し、色々な人の話を聞くことが必要だと思います。本当にやりたいことが見つかれば、あとは行動あるのみです。女性目線でいうと、結婚・出産後も働けるかも選ぶポイントの1つです。結婚・出産を機に職を離れることも少なくないなか、続けて働ける環境が整っていることも企業を選ぶうえで大切なことです。そのような環境が整っている企業は福利厚生もしっかりしていて、働きやすいと思います。是非、色々お話を聞いて、自分に合った企業を見つけて下さい。

このページのトップへ