ホーム > 会社概要 > 基本方針

基本方針

すべては「お客様」のために。
お客様の「健康と美」を追求し「喜びと感動と安心」を提供すること、それがわたしたちの使命です。

基本方針図

「治す」を基本コンセプトに、病気の予防も含めた「初期治療」から調剤部門による「最終的治療」まで幅広い「治す」ニーズに対応します。

「治す」を基本コンセプトに、病気の予防も含めた「初期治療」から調剤部門による「最終的治療」まで幅広い「治す」ニーズに対応します。

スーパー、コンビニとの業態間競争が激化する中で、レデイ薬局は、初期治療(OTC薬販売)や最終治療(調剤、漢方)など、医薬品によってお客様を「治す」ことが、他業態及び同業他社との差別化になると考えています。「治療と予防」に関して最高の大型専門薬局チェーンになれるよう、さまざまな改革と実現に取り組んでいます。

また医薬分業や高齢化が進む現在、地域の方々の健康生活全般にわたる幅広い問い合わせやご要望に対応できる地域のかかりつけ薬局として、身近な健康相談センターとして、病気予防、健康生活の提案を積極的に行い、お客様と直接ふれあいながら地域社会からの期待に応えていきたいと考えています。

強い競争力の確保のために、物流・情報システムの高度化、アウトソーシング化に取り組んでいます。

強い競争力の確保のために、物流・情報システムの高度化、アウトソーシング化に取り組んでいます。

「店舗スタッフは、お客様に対する相談サービスに集中し、本部はサポート役に徹する。」レデイ薬局では、多店舗化政策により今後も増加が予想される経営コストを削減し、経営資源の選択と集中を進めるために、店舗運営に重要な物流・情報システムについて、外部へのアウトソーシングを導入しています。

高度な情報・物流システムの構築によって、店舗オペレーションコストの削減、業務の効率化が実現した結果、相談業務などレデイ薬局が特化すべきコアコンピタンス分野での販売活動の強化を可能にしています。

瀬戸内圏を核にドミナント戦略を展開、地域No.1のドラッグチェーンへ成長発展を続けています。

強い競争力の確保のために、物流・情報システムの高度化、アウトソーシング化に取り組んでいます。

本拠地の愛媛を中心に四国四県と広島、山口の両県でドミナント戦略を展開、エリアにおける市場占有率と認知度を強固なものにしています。

このページのトップへ