ホーム > 会社概要 > 代表者あいさつ

代表者あいさつ

代表取締役 三橋信也

急速に進む社会の高齢化やセルフメディケーション意識の高まり、医薬分業やかかりつけ薬局の推進などによって、薬局・ドラッグストアの社会的な役割は今までになく大きく重要なものになってきています。

その一方で、ドラッグストア業界は規制緩和によりスーパーマーケットやコンビニエンスストアでも一部医薬品の販売が可能となるなど、他業態を含めた顧客獲得及び価格競争が激化しております。

当社は、「治す」ということを基本コンセプトとした薬局チェーンです。「治す」ということは、医薬品の分野には限りません。化粧品も日用雑貨、健康食品も当社の中にあるものはそのほとんどが「治す」という性質をもった機能改善型商品の集まりです。この「治す」という性質をもつ商品を主力として販売している点に、当社とスーパーや百貨店、ホームセンター、コンビニとの決定的な違いがあります。

そして従業員がお客様の健康に関する様々なお悩みに対して相談に応じられるというところにも他社との違いがあります。薬局やドラッグストアがお客様に求められることは「治す」ことです。そのために商品があり、お客様はその商品を購入するために薬局・ドラッグストアにいらっしゃるのです。薬局・ドラッグストアがスーパーと違って相談が必要不可欠というところはそこにあるのです。そのために取り扱い商品全般の商品知識が必要なのです。当社はこのお客様の要望に応えることが使命であり、存在価値であると考えています。

疲れやすく、食生活や睡眠が乱れがちな現代社会にあって、私たち薬局・ドラッグストアは、地域の方々の病気の治療や健康維持の悩みに積極的に応える身近な医療機関へ生まれ変わろうとしています。少しでも早く、理想の薬局・ドラッグストアに近づくためには、調剤部門への取り組みをさらに強化し、調剤併設型大型専門薬局を今後の標準型と位置づけて、「相談できる『治す』 薬局」の拡大に挑戦をつづけてまいります。当社が目指しているのは、地域のお客様が病気の予防や治療に、生活全般の健康管理について、どこよりも気軽に、身近に、信頼できる、健康相談窓口としての薬局です。そしてお客様の幸せや喜びを本気で願い、実現を目指す「使命感」のある薬局です。当社のハートのマークはそのためのマークなのです。

このページのトップへ